WEB予約は
コチラ

▼各院アクセス・詳細時間▼

ガムピーリング Gum peeling

歯のアイコン

こんな方におすすめ

  • タバコを吸っている方
  • 歯茎のメラニン沈着が気になる方
  • 歯茎の色にコンプレックスがある方
  • ブライダル前、営業や接客業の方
  • 歯のホワイトニングを考えている方

ガムピーリングとは

笑顔の女性

歯茎が黒いと歯が黄ばんで見えたり不健康な印象や不潔な印象を与えてしまうことがあります。
健康的なピンク色の歯茎は、歯をより白く際立たせ、口元をより美しく見せることができます。
ガムピーリングは「歯茎の色が気になって人前で思いっきり笑えない・・・」など、歯茎にコンプレックスがある方、結婚式などの大切なイベントが控えている方にお勧めしたい治療法です。

ガムピーリング(gum peeling)とは、黒ずんでしまった歯茎(gum)を再生し、健康的でピンク色に戻すことです。 お肌のピーリングをしたことのある方は想像しやすいかもしれませんが、歯茎に「フェノール」という薬剤を塗り、歯茎の表面の層の再生を促すことで歯茎の表面の色素沈着を取り除くのが一般的です。
その他、レーザーや外科手術で治療する方法もあります。

治療は歯茎に少なからず負担を与えるため、2日ほど空けて治療を2~3回繰り返すのが一般的です。
歯茎の表層部分は皮膚と同様に再生するため、ガムピーリングするたびに薄くなることはありませんのでご安心ください。

ガムピーリングは歯茎の黒ずみに効果的な治療法ですが、金属の土台や金属を使った人工歯による色うつりで黒く変色している場合は歯茎の内部にまで色素が溶け出ているため、取り除くことができません。
ただし、外科手術によって除去できる場合もあります。
歯茎の黒ずみにお悩みの方は、ぜひ、清誠歯科までご相談ください。

ガムピーリングの料金

片顎 ¥5,000
上下 ¥10,000

※料金は税別です。
※保険適用外

清誠歯科のガムピーリングの症例

症例① 20代女性

歯茎の黒ズミが気になるとのことで受診されました。

薬液を使用したガムピーリングを2回受けられ、黒ずんだメラニン色素が除去され、長年気にされていた歯茎の色が綺麗になり、ご満足いただきました。

現在は、メンテナンスで継続してご来院いただいています。

清誠歯科のガムピーリングの症例|20代女性 BEFORE
<Before>
清誠歯科のガムピーリングの症例|20代女性 AFTER
<After>
金額 ¥10,000+税(上下)
リスク・副作用 疼痛

ガムピーリングの注意事項

  • ガムピーリング後、刺激の強い食べ物(辛い物や塩辛い物など)は、控えて下さい。
  • 痛みに対する反応は個人差があり、やけどをしたようなヒリヒリ感を感じる場合もあります。
  • ガムピーリング後、2~7日間くらい歯肉が白っぽくなりますが、少しずつ表層がはがれていき、1週間後辺りから白濁は消失し、健康的な歯茎の色調になってきます。
  • 個人差もありますが、生活状況(喫煙、コーヒー、お茶等)によっては、再発する事があります。

施術できない症例

  • フェノール・アルコール類にアレルギーがある方
  • 歯肉炎、歯周病などにより歯肉に炎症のある方
  • 歯のかぶせ物の金属が原因で、歯肉が黒ずんでいる方